工藤房美さんの講演会

先日、12月15日の土曜日は、

お友達の杉本織恵さんが主宰する

「究極の自己肯定を手に入れる〜余命1ヶ月の末期癌から生還された工藤房美さんのお話会〜」

に参加してきました^^

 

すっごい話でした。

 

(すごい っていう言葉しか出てこない自分の語彙力にがっかり・・・。)

 

お話の一部を抜粋すると、内容を誤解して受け取ってしまわれる方がいるかもしれないので、工藤さんのお話は、ぜひ直接聞いていただきたい。

 

私がやろう、と決めたことをシェアすると、

 

「他者への祈り」

 

です。

 

 

わりと、何にでも前向きに捉えることはできるのですが、まだまだ「他者」が絡むと、ココロがざわついたり、いちいち反応してしまったり、乱れてしまいがち。

 

  • こうして欲しい
  • わかって欲しい
  • どうしてこうしてくれないの!

 

と、「くれくれ」を発動する前に、自分から「与える」を発動すること。

 

損してるじゃん!

 

と思うかもしれませんが、結果的に良い循環がうまれるのは「与える」を発動したとき。

 

「与える」って上辺じゃなくて心からの「与える」が必要なんですよね。

 

与えないと、○○になっちゃうかもしれない。

ここで与えておけば、○○になるかも。

 

という余計なことを考えてるのは上辺。

 

「くれくれ」をぐっと我慢して、心からの「与える」をひたすら意識して過ごしていきます!