一万円で二万円の価値を感じていただくことはできても、一万円で二万円分の仕事はできない。

一万円で二万円の価値を感じていただくことはできても、一万円で二万円分の仕事はできない。

 

文字にしたら当たり前すぎるんですが・・・。

 

価格以上の価値を、っていうのはこういう意味かな。と、最近腑に落ちました。

 

いや、理論はわかってるんですよ。同じ豆なのになんでスタバのコーヒーは他のより高いんだ、みたいな。理論とか理屈はわかってるんですけど、なかなか体感まで落とし込めなくて、

個人で価値を感じてもらうには、一体何をしたらいいのだろうなぁ、と常々感じておりました。

 

 

「高くても買ってくれる人がいるんだから高くてもいいじゃん」

っていう理由もあると思いますけど、ホントにそれだけでいいのかしら。と、いつも思っていたのですよ。

 

 

 

そしたら、先日突然、「こういうことかっ」とヒラメキました。

 

価格以上の価値を感じてもらおうと、身を粉にして働くのではなくて、価値を感じてもらうことが大事。

じゃぁその価値ってなんなの?っていうと、

やっぱり「人間力を磨くこと」だと思います。

 

人間力って、抽象的な表現なのですが、私としてはこう定義をしたいと思います。

 

・自分を大事にしていること

・相手を尊重していること

・我慢しないこと、だけど努力をしている

 

こういうことができている=人間力がある。っていうことかなー。

 

 

一言でいうと、 「恐れ」で行動していない人。

 

 

・●●しなきゃ、●●になれない

・●●したら、●●になってしまう

これは恐れですね。

 

 

・●●したら、●●になれる

・●●になるために、●●をしたい

これは楽しさがベース。

 

 

後者の思考をしている人と会話していると、行動したくなるし、楽しく仕事ができるので、こういう人と仕事したいなって思いますよね。

 

かくいう私も、ずっとこのことが、頭ではわかっていたのですが、ホントの意味ではわかってなかったです。

口先だけは、前向きにしゃべれても、心の底では恐れから行動していたり。

 

なんだかよくわかりませんが、突然「はっ・・・!こういうことかっ」と東横線に乗ってるときにヒラメキました。笑

 

 

あともう1つ理屈より何より大事だなーと思うことが

 

自信を持って、自分の存在には価値があると言えること。

 

私がやってるような仕事には、目に見えるものと、見えないものがあります。

 

データとして納品するものは「目に見えるもの」

ディレクションしたり、アドバイスをしたりするものが「目に見えないもの」

 

です。

 

この「目に見えないもの」に価値を持たせるのは、他の誰でもなくて自分ですね。

 

だから、普段から、自分の価値を下げることはしない。

つまり、

これしなきゃ、怖い結果が待っている!っていう、恐れを動機にして行動しないっていうことですね。(怖いっていう感情に蓋をせよ、という意味じゃないからね)

 

 

うーん、わかって、スッキリ。なんてシンプルなんだ。

 

 

そうはいっても怖いもんは怖いし、どうしたらいいのかワカリマセンが!という人は、そういうの教えてくれる人のところへGO。

 

あ、ただ、行ってもすぐは解決しないこともあります。そういう講座、いくつか受けましたが、私はビビリなので、受けてから2年くらいたってようやく、

「そういうことか!」

と、わかりました。おそー。

 

 

ということで、個人的世紀の大発見についてでした。笑