プロフィール

1983年うまれ。愛媛県出身。

おしごとで、制作とか、コンサルティングとか、ディレクションをさせていただいています。

お仕事をしてるときに、大切にしていること。についてはこちらをご確認ください。(SynergyCreacionのサイトに飛びます)

こちらでは個人的なプロフィールを書いてゆきます。

私のテーマは、

器用貧乏って素晴らしいことなのだよ。

ということと、

あなたの中にある宝物を探してみよう。

っていうことを伝えていくこと。


私は、なんでもさくっとぱぱっとできて、器用なのですけど、その分、なにか1つのことを必死に一生懸命やったことがない。

っていうことが30年間くらいずーーーっとコンプレックスでした。

なにか1つに秀でていている人が羨ましくて、職人って言われるような人っていいなぁ。って思っていたのですね。

器用貧乏だなーやだなーって思ってました。

器用貧乏って、言葉も悪いですよね。

器用で何でもできることって悪いことみたいに思えるし、更に「起業するなら1つなにか秀でたものがなければいけない!」っていう刷り込みもあった。

だから、私ってダメなやつなんだなぁーーーってずっと思ってたのですが、そんな器用貧乏でも、ぜんぜん、個人事業主として仕事できています。

なんでもできるは、なんにもできない

なんてことはないから、大丈夫。器用であることは素晴らしい才能。ってことを、普及してゆきたい。


もう1つは、あなたの中にある宝物を探してみよう。

ということをお伝えしていきたい。

自分のことを器用貧乏でダメな奴だと思っていた私は、ずっと自分の全部を否定しつづけてました。

こんな自分はだめ、もっと○○にならなきゃ。

と、自分じゃない何者かになりたくて、一生懸命いっぱいいろんな鎧を着て生きてきました。ものごころついたころから、長年ずーっと自分じゃない「誰か」になろうとして生きてたと思います。

そこに加えて、「違和感」を察知してしまうので、

嘘とか、本心じゃないこととか、打算的なことをすぐに察知してしまって、

更に、「嘘」や「本心」や「打算的」なことは、

悪いことだ。
汚いことだ。
許してはいけない。

けど、どうしたらいいかわからないので、とりあえず、察知するアンテナをしまいこんでました。

察知するアンテナをしまいこむ=心を閉ざすことになるので、自分のことが全然わからなくなってしまって、自分のことがわからないし、自分のことを信頼していないから、

いっつも不安でびくびく怯えながら生きてたのですね。

けど、器用貧乏であることも、いっつも不安であることも、いろんな人との出会いで、ちょっとづつ、受け入れることができるようになって、

器用貧乏ばんざい!

ってなったし、

今は、何者かになろうなんて、思わなくなったし自分への不安もなくなって、毎日安心して暮らせるようになりました。


悩むことがいいことか?と聞かれたら、わからないけれど、少なくとも、そんな経験をしたから、今、自分がしたいこと、今、やりたいことが明確になったので、

とっても豊かな経験をしたのだなぁと思っています。

まだまだ、これからも気づくことがあるだろうし、更に別の苦悩が訪れるかもしれないけれど、

そういう、今までの体験とか、日々感じたこととかを、つらつらと発信していっています。

基本的に発信はメルマガで。

無料ですのでお気軽にご登録ください^^