こんにちは、土居恵利子です。

常に不足しているデザイナー。アドビソフトはこんなに普及しているのに、なぜに、デザイナーが不足しているのか。

 

本当に不思議・・・

 

常に探してますデザイナー。我こそは、という方はご連絡を。

 

で、考えたのです。食べていけるデザイナー、食べていけないデザイナーの違い。

主観が結構はいってるので色々意見はあるかもしれませんが、ざくっと4つに分けてみました。デザイナーで食べていきたいー!という人は1つの参考にしていただければと思います。

 

その1.コミュニケーションがスムーズ

コミュニケーション能力が低くっても、デザインが素晴らしいからいいのだ!という場合もあると思いますよ。ですがそこまでいくと「その2」でもお伝えしますが仕事じゃなくてアーティストの域ですよね。

「仕事」だから、やっぱりコミュニケーション能力は大事だと思うのです。

コミュニケーション能力がめちゃくちゃ高い必要はないけれど、テンポのよいやり取りができるととっても嬉しい。気持ちよく仕事ができます。

 

 

その2.「仕事」としての自覚がある

自分が好きなことを、自分のコダワリで、やりたいのであれば、それを仕事にするには芸術家、アーティストとしてお金をいただけるレベルじゃないと難しい。

仕事だから、お客さんのリクエストありき、ということはまず忘れちゃいけないですよね。

余談ですがデザインを仕事で受ける時には、お客さんは2人いると思っておいたほうがいいです。

たとえば、何かの教室の先生からチラシを作って下さい、という依頼だった場合。その教室の先生が1人目のお客さん、その教室の生徒さんが2人目のお客さんです。

その2人のお客さんを満たす、ということを念頭にデザインができる方は重宝されます。

 

 

その3.納期を守る

まぁこれは当然っちゃ当然なのですが、できないって人結構います。

企業のサイトの制作とかしていると、納期に遅れるなんてもう、何があっても許されないので、発熱してようが寝てなかろうが関係ない。

そういう経験がある人は納期を大事にします。

私はそういう経験があるから納期を大事にしてます。だから、納期を大事にしてくれる人とは、仕事しやすいです。

 

その4.細部に気を使える

美は細部に宿る、と言うように、細部に気を使える方のデザインにはチカラがあります。

作った人の状態って仕上がりのデータに出てきます。調子悪いのかな、とか、結構バレます。

ぴしっと角を揃える!フォント揃える!文字の間隔そろえる!

って、センスなくてもできること。このセンスなくてもできることを、ちゃんとできる方の作品は、それ自体にチカラがあるから、例えばバナーだとクリックされやすかったり、するんですよ。ほんとに。

なんっかしまりが悪いんだよなー。という仕上がりの場合は細部(角をそろえる!フォントを揃える!文字の間隔そろえる!)がグダグダなことが多いので気をつけてみましょう。

 

以上4つ。

 

ということで、ぜひ、デザイナーとして食べていきたいんです!という方は、参考にしてみてくださいっ。