集客したいなら、頭で考えることを辞めてみる

お仕事でライティングをすることが多いのですが、その時に

すぐ書ける場合

なかなか書けない場合

があります。

ライティングは

ここを伝えたら、このサービスの良さも、提供している方の良さも、伝わるから、「この人だから買いたい」っていうお客様に出会えるだろうな。

っていうポイントを見つけて、そこを表現していくんですが、

なかなか書けないのって何でなんだろうなぁぁぁぁと考えていたのですけど、

そのサービスを提供されている方が、

頭で考えて発信している

と、「ここを書いたら良いな」っていうポイントを見つけられないのです。

「思考」や「理屈」でバリアはってるかんじ。

そうすると、書けない。

要はライティングのお仕事は代筆なので、その方が何を想っているのか、考えているのか、ということを感じ取って、その人になりきらないと書けないのですね。(私の場合は)

ご自分で文章を書いて集客をする場合も、

どういうこと考えてて、どういう感じの人で・・・っていうのが見えてこないと、結果的に、あんまり理想とするお客様と出会えない。。

ってなりがちです。

メソッドとか、メリットとか、そのへんは ”納得する理由” になるけれど、 ”申し込みをする理由” にはあんまりなりません。

逆に、全然バリアがないと、文法がめちゃくちゃでも、伝わっちゃいますので、人が集まりやすい。

「メールと、会った感じが全然違いますねー」って言われる場合とか、理想とするお客様がこないなーっていう時は、かなりバリアを貼っている可能性が大。

いっぺん、論理性を脇において、書いてみる練習を続けてみると、素の自分が伝わるかもしれません。

集客するために文章を書く機会の多い方は参考にしてみてください♪