【不得意】と【苦手意識】の違い

山田さん

こんばんは。土居恵利子です。

みなさま、

不得意なこと、得意なこと、

そして、

苦手意識があること、などなど色々あると思うのです。

この中で、苦手意識があること。ってやっかいだなーと思っていて。

苦手〜って思ってると、苦手前提でものごとを見てしまうので、現実をちゃんと見てない場合が多い。

苦手だから、ちゃんと見たくない。

嫌いなもの、まじまじと見るの嫌だし。

そうすると、見間違ったり、捉え間違ったりする。

そうすると、益々「できない」意識が強まって、どんどん苦手になっていく。

という、そういうからくり。

私はたいへん運動が苦手なので、苦手、苦手、苦手、って思っていると、自分の体勢を見誤っていたり、自分の動きをちゃんと把握できなかったりしていて、

そのために、習得がすごい遅いんだなーーーっていうことに、昨日あたりに気づきました。

ネットが苦手!っていう方は多いと思うのですけど、ネットが苦手!だと、そもそも書いてある用語に苦手意識があったり、

はたまた人間関係でも、Aさん苦手!ってなるとAさんの苦手なところしか見つけられなかったり。

そういう、ループに陥っちゃうなぁと思うのです。

得意不得意を把握して得意をぐーんと伸ばしていくのはとても良いのですが、「苦手意識」っていう「意識」は調整していけたらいいよねーと思ったのでした。